楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

イライラすることは日常生活でよくある事です。皆さんは最近どんな事でイライラしましたか? 僕は昨日母と電話していた時、その態度に少しイラッとしました(ごめんねお母さん笑)。

僕達にとって身近であるイライラですが、では人はどんな時にイライラするんでしょうか。今日はそれを少し掘り下げて考えてみます。

・イライラは期待の裏返し

まず、イライラは期待が裏切られた時に起こります。先程の僕の例で説明すると、僕は母と楽しく話したいな、という期待を持っていました。でも、期待と違って母はネガティブな態度だったので僕はイライラした、というわけです。

誰しも「こうなったらいいな」という期待を持ちながら生活しています。その期待が大きければ大きいほど、裏切られた時にイライラしてしまうんです。

・価値観の違い

また、価値観が違う時も人はイライラします。喧嘩を思い浮かべてもらうと分かりやすいですね。

自分の価値観と相手の価値観が違う時、時に人は怒りを感じます。なぜなら価値観にも許容範囲があるからです。

まず、人の価値観には絶対的な核があります。アイデンティティー、と言ってもいいかもしれません。その外側には許容できる範囲の価値観のゾーンがあります。ここにある価値観は自分のものとは違いますが、受け入れられる余裕があるものです。さらその外側には許容できない範囲の価値観のゾーンになります。ここまで来ると、中々その価値観を受け入れるのは難しくなります。

許容できる範囲の広さは人によって違います。その範囲が広ければ広いほどイライラしなくなり、逆に狭ければ狭いほどイライラしやすくなります。

・イライラした時の対処法

それでは、どうやってイライラに対処していけばいいんでしょう。

期待と価値観の違い。この二つがイライラを生むと説明しました。これらのうち、簡単に意識を変えられるのは期待の方です。人に対する期待を少し抑えてみましょう。もちろん全く期待するな!というわけではありません。期待しすぎるのが問題なんです。人は自分の思い通りに動いてはくれないので、いつも期待していてはその度にイライラしています。思い通りになったらラッキー、ぐらいの気持ちでいきましょう。

逆に価値観を変えるというのは難しいです。今までその価値観で生きてきたわけなので、すぐには変えられません。変えようとすると時間がかかるのが価値観なんです。あえて言うなら、違う価値観を持っている人を理解してみようとするといいかもしれません。

・最後に

僕は多少のイライラはあってもいいと思っています。人間なのでイライラすることだってありますし、それを溜め込んでしまうと逆に良くないです。でも、いつもイライラしていては自分にとって有害です。そんな精神状態で生活していても楽しくありませんし、「あの人性格悪いな」と周りからの印象も悪くなります。

自分がどういった時にイライラするのか。それをもう一度振り返ってみると、改善への近道が開けるかもしれません。