楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

一面だけを見て決めつけてはいけない

例えば、友達に感情的に怒られたとします。怒られた直後は「何だよあいつ!」と腹立つかもしれません。でも、実はその友達もその前に違う人に怒られていました。そう考えると、友達に共感できるんじゃないでしょうか。「ああ、そんな事情があったのか」というように。

ある一面だけを見て判断するというのは良いことではありません。どんな人や物も、色んな面で出来ています。

包丁や車は危ないですが、正しい使い方をすれば生活を豊かにしてくれます。「危ない!」という一面だけを見て使うのをためらってしまうのはもったいないです。

人間もそうです。「感情的な人」は言い換えれば「素直な人」ですし、「引っ込み思案な人」は「思いやりがある人」です。性格も少し見方を変えれば、ポジティブにもネガティブにもなります。

それに自分が言われるのも嫌だと思うんです。他人に「お前はこうだ!」なんて決めつけられたくないですよね。

結局、一面だけを見て決めつけてしまうことは損なんです。少なくとも自分にとって良いことはありません。

物事を色んな角度から見て判断する。これが大事なんです。