楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

ネットで悪口を言う人の心理

ネットは基本的に匿名で顔も見えません。だから、気軽に色んな人とコミュニケーションを取ることができます。僕も同じ趣味の人と交流している時は楽しいです。

しかし、ネットには悪口を言ったり人を見下すような態度を取っている人も多くいます。そういうのを見ると気分が悪くなるので、僕はあまり見ないようにしています。

では、そういう人たちはなぜそんな行動をとっているんでしょうか? 今日はそれについて、心理学風に説明していきます。

・自信がない

悪口を言う人は自信がありません。

もし自信があるなら、人の事を悪く言う必要はないです。しかし自信がない人は、悪口を言うことによって「自分はすごいんだぞ!」とアピールしたいんです。自分が自信がないことを認めてしまうと逃げ場がなくなってしまうので、相手を下げることによって優越感に浸りたいんですね。

・ストレスのはけ口にしている

有名人が不祥事を起こすと、ネットでは批判が次々と起こります。もちろん、建設的な批判もあるにはあるんですが、その多くは批判とは言い難い悪口や暴言です。

ここで僕はいつも考えていることがあります。それは、これらの悪口を言う人は、別に不祥事を起こした人自体はどうでもよく思っているんじゃないかと。

どういうことかと言うと、不祥事を起こした=悪いことをした人なら誰でも叩きたいんですね。さっきも書いたように、何か問題が起きると、ネットでは多くの人が批判を言います。だから、「皆が叩いてるから自分も叩こう!」と思い、自分のストレスのはけ口にしているんです。「赤信号、皆で渡れば怖くない」のように。

・注目してほしい

また、Twitterなどでは多くの人の目に止まってもらうためにわざと悪質なツイートをする人もいます。Twitterだと、言葉以外にも写真や動画をアップする場合もありますね。

こういう人たちは自分に注目してほしいんです。当たり障りのないツイートだと誰にも注目してもらえません。だから、悪質でも人の目に付きやすいようなツイートをするんです。小さい子供が親に叱られてもいいから注目してもらうために、わざとイタズラする心理と同じです。

・まとめ

今日は、ネットで悪口を言う人の心理について説明していきました。

最初に書いたように、ネットは多くの人と繋がることができます。現実とはまた違うコミュニケーションをとることができるので、やっぱり楽しいです。しかし、言葉だけでやり取りすることが多いネットでは言葉の使い方が重要になってきます。悪口ばかり言っていては印象も悪いです。

多くの人に見られているという自覚を持って、楽しくネットで発信していきましょう。