楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

完璧主義について

今日は完璧主義について説明していきたいと思います。僕は自分が完璧主義者だと思っていて、まあ、いろいろ大変です(笑)。

真面目な日本人の特性からして多いと思われる完璧主義ですが、その特徴について書いていきます。

1.中途半端が嫌い

完璧主義者はとにかく中途半端が嫌いです。0か100。どちらかでないと落ち着かないんです。

よく言われる例が、完璧主義者の部屋は汚いということです。完璧主義だから部屋はすごく綺麗なんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。でも、実はそうではないんです。

部屋が汚くなった時に、完璧主義者が部屋を掃除しようとしました。でも、ちょっとした時間では終わりそうにないほど部屋は汚いです。すると、完璧主義者はこう思うんです。「完璧に終わらないならこのままでいいや!」と。結局、部屋はさらに汚くなってしまうんです。

完璧主義者の部屋が汚くなる理由はこういう事なんですね。しかし、皆がそうというわけではなく、部屋がすごく綺麗な人もいます。完璧主義者は良くも悪くも極端なんです。

2.作業を中断できない

上と少し似ているんですが、切りの良い所までやらないと終わらないのも完璧主義の特徴です。

僕は趣味で絵を描くんですが、それに夢中になっているとつい時間を忘れて描いてしまいます。他にやることもあるので時間を決めたりして描くんですが、切りが悪い所で終わりたくないので時間をオーバーして描いてしまうこともよくあります。

やっぱり、切りの良い所で終わらないとスッキリしないんですよね(笑)。

仕事だったり勉強だったり、一度始めたものは切りの良い所で終わらせる。そんな特徴があります。「一つのことに集中できる」と言い換えてもいいかもしれません。

3.要領が悪い

一つのことに対しては大きなエネルギーを出すことができる完璧主義者ですが、複数のことを同時にこなすのは苦手です。

完璧主義者は友達が少ないと言われます。僕も少ないです(笑)。色んな人と要領良く付き合うのが苦手なんですね。ただ、これも悪いことばかりではなく、人数は少ないけれどその分親密な関係を築くことができます。

何か複数の作業を同時にやらせると、決まって完璧主義者は混乱します。どの作業にエネルギーを出すか分からなくなってしまうからです。

だから、完璧主義者は職人気質な人が多いといいます。その道の求道者ってかっこいいと思いませんか? 僕は思います。

4.まとめ

今日は完璧主義について書いていきました。こう見ると、完璧主義者って硬派な人なのかな、って思う人いると思います。不器用、と言ってもいいですね。

でも、完璧主義にも良い所はたくさんあります。どんな性格も、それをどう活かすかが大切なんです。僕も早く活かせるようになりたいなあ……(笑)。