楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

感受性が強い人の特徴

感受性が強い人と聞いて、どんな人を思い浮かべますか? 色んな特徴を思い浮かべると思いますが、今日は僕なりの感受性が強い人の特徴を書いていきます。

僕自身が感受性が強いんですが、結構苦労することが多いです。でも、決してデメリットだけではなく、良い所もたくさんあるんですよ。

1.他人の影響を受けやすい

一つ目の特徴は、「他人の影響を受けやすい」です。

他人の言ったことを鵜呑みにしてしまったり、アドバイスをそのまま受け取ってしまう、というのがよくある例です。

感受性が強い人の脳を例えるならスポンジです。良いことも悪いことも吸収してしまうので、結構疲れてしまうことがあります。僕がよく経験するのが、ネットで調べすぎて疲れてしまう、ということです。色んな人の色んな意見を全て吸収しているので、脳が情報過多になってしまうんですね。

だから、感受性が強い人は外部からの刺激を制限する必要があるんです。もちろん、他人の意見やアドバイスを全く聞くなというわけではなく、その量を気をつけることが僕たちのような人間には大切になってくるんです。

2.感情移入しやすい

二つ目の特徴は、「感情移入しやすい」です。

僕はアニメや漫画、小説が好きでよく読むんですが、そこに出てくるキャラクターに感情移入しすぎてしまいます。キャラが辛い目にあったりすると、もう見たくなくなったりします。「可哀想だからやめてあげてよ!」という感じで(笑)。

とまあそんな風に、感情に流されやすい性格なんですね。

僕はアニメや漫画が多いんですが、他の人だと凄惨な災害や事故のニュース見たり、家族や友達の辛い話を聞いたりしても感情移入したりするらしいです。

でもこの感情移入というのは自然に発生するので、自分でなんとかするのは難しいです。ただ、感情移入というのは必ずしもマイナスだけに働くものではありません。

感情に流されやすい、というだけので、他人の楽しい感情や笑顔なんかにも流されます。アニメや漫画なら、キャラが幸せを感じているなら自分も幸せになれます。だから、感情移入も案外悪くないんですよ。

3.ちょっとしたことで気分が変わる

上二つと被る所があるんですが、これもよくあります。好きな音楽を聞いていて機嫌が良い時に、親に「勉強しないの?」なんて言われると一気に冷める。そんな特性です。

要は、感情がジェットコースターのように上がり下がりしやすいってことです。

だから結構しんどいです。しかも、上がっている時から一気に下がる時の方が多いので、自分のことをめんどくさく思ったりしますね。僕なんか、本当にどうでもいいことで気分が下がりますから(笑)。

でも、これって逆に考えると切り替えが早い、とも言えるんですよね。ちょっとしたことで下がりやすいですから、ちょっとしたことで上がりやすいんです。でも、僕は気持ちを引きずる方なんでそれが謎です……。

・まとめ

今日は感受性が強い人について書いていきました。自分に当てはまる!っていう人がいたら嬉しいです。僕は実際生活していて、感受性が強くて大変だなあって思うことはよ
くあります。昔はそれを直したいとも思っていました。でも、今は感受性が強いことの恩恵を受けていることに気づき始めたので、直したいとは思わなくなりました。まあ、全くではないですけど(笑)。

これからもこのめんどくさい性格と上手く付き合っていきたいですね。