楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

当たり前は当たり前じゃない

「当たり前」という言葉はよく言われます。特に日本は豊かな国なので、どんな物も当たり前にあるものだと思っている人は多いでしょう。僕もそうです。でも、よく考えると当たり前にあるものって一つも無いんです。

1.健康の例

よく病気になると健康のありがたみが分かると言うように、健康も当たり前ではないんです。世の中には色んな病気や病気、障害で苦しんでいる人がたくさんいます。僕や僕の周りにはそういった人はほとんどいませんが、そのおかげでつい健康へのありがたみを忘れてしまいます。

健康だけではありません。毎日ご飯が食べられること、お風呂に入れること、ぐっすり眠れること……。身近で当たり前だと思うものは当たり前じゃないんです。

2.なぜ当たり前だと思ってしまうのか

では、なんで人は当たり前だと思ってしまうんでしょう。

それは人間の特性である「慣れ」が関係しています。

人は安定を求めるため、どんなものにも順応する能力を持っています。最初は短時間走っただけですぐ息が切れたけど、毎日走っていたら長時間走れるようになった、とかですね。

ただ、その「慣れ」は本当にどんなものにも順応してしまうため、場合によってはマイナスに働きます。

どんなに面白い漫画も毎日読んでいたら飽きますよね。そう、最初に感じた新鮮な感情も、「慣れ」の例外ではないんです。そのため、どんなに大事なことも時間が経てば「当たり前」になってしまうんです。

3.意識して感謝してみる

最初に書いたように、日本は豊かな国なので当たり前と思っていることが多いです。もちろん豊かなことは良いことなのですが、当たり前だと思っていると感謝を忘れがちです。確かに、「慣れ」の問題があるので難しいかもしれません。だから、意識して感謝してみるのが大事なんじゃないかと思います。別に大それたことをしろ、と言うわけではありません。ただ、時々心の中でいいから感謝の気持ちを思い出すことで、自分がどれだけ恵まれているかが分かると思うんです。この記事を書いた期に僕もやってみようかな、なんて思います(笑)。

4.まとめ

今日は当たり前について書いてみました。毎日ただ普通に生活できているだけでも、実はすごく恵まれているんです。僕なんかはよく「自分は何も持ってない!」って思ってしまうことがあります。でも、違うんですよね。持ってないんじゃなくて、持ってることを忘れているだけなんです。そもそも、日本に生まれた時点で運が良いんですから。そういった感謝の気持ちを忘れずに、これからも生活していきたいですね。