楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

不安は必要ない?

不安という感情を感じたくない人は多いと思います。僕も感じたくないです(笑)。確かに、不安な気持ちよりも楽しい気持ちでいた方がいいですよね。

でも、不安は必要な感情なんです。どんな感情も意味があるから存在しています。では、不安はなぜ必要なのかを説明していきます。

1.なぜ不安は必要か?

まず最初に、そもそもどういう時に不安を感じるんでしょうか。

テストで良い点を取れるか不安、将来お金に困らないか不安、新しく始めたことが上手くいくか不安……。これらが代表的でしょう。

僕はよく将来のことで不安になりますね。やっぱりどうなるか分からないからです。

そう、不安という感情は「どうなるか分からない時」に出てくる感情なんです。

では、なぜそういう時に不安を感じるんでしょう。

2.不安は行動を促す

どうなるか分からない時というのは、その対象を頭の中で漠然と捉えている時です。漠然と「テストで良い点が取れなかったらどうしよう……」と思っているんです。

さっきも書いたように、不安は感じていて気持ちがいいものではありません。でも、頭の中で考えているだけでは不安は消えてくれましせん。

じゃあどうするかというと、行動するんです。テストが不安なら勉強する。お金が不安なら儲ける方法を調べる。頭の中で考えるインプットではなく、実際に行動するアウトプットが不安を消すには大切なんです。

ここまで書いたら、もう分かる人は分かると思います。

不安がなぜ必要なのか。それは「行動を促す」ためです。不快な感情を感じさせることで、それを消すために必要な行動を促す。これが僕の考える不安の存在意義です。

生きていく上では考えるだけではダメで、行動しないといけないんです。でも、ただ楽しいだけでは人は行動しません。だから、危機感を持たせることで「行動しなきゃ!」と思わせるんです。

不安がなぜ必要か分かったでしょうか?

3.不安性な僕

僕は昔から不安性で、何かにつけて不安がってます。それに不安に飲まれることが多いです。でも、逆に不安への関心が高まったというか、「なんで不安になるんだろう?」と考えることができたから良かったのかもしれません。

今もよく不安になりますが、行動できてないことも多いです。不安を有効活用して、行動できるようにしたいですね。

4.まとめ

今日は不安について書きました。不安というのは身近なもので、かつ私たちを不快にさせます。でも、不安になるにもちゃんとした意味があるということを覚えてくれたら嬉しいです。