楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

頑張らなくていい

努力は素晴らしいことです。目標を持ってそこまで頑張る人が僕は好きです。でも、努力にも良い努力と悪い努力があります。

悪い努力は自分の能力以上に頑張ってしまうことです。野球で例えるなら、ボールがバットに当たらないのにホームランを打とうと頑張ってるようなものです。ボールが当たらないのにホームランは打てません。当たり前じゃないかと言う人もいると思いますが、こういう人って多いです。真面目な人が多い日本では特に、です。

真面目な人というのは向上心があります。今の自分ではダメだ、もっと成長しなくちゃ、と常に思っています。その志は素晴らしいです。でも、それが仇になって目標を高くしてしまう傾向にあります。山の上を首が疲れるぐらい見上げている状態なんです。

そしてその目標に到達するために頑張りすぎてしまうんです。でも、何事もすぎることは良いことではありません。必ずどこかで無理が出てきます。努力を止めてしまったり、上手くできない自分を責めてしまったりします。そして逆に、目標になかなか到達できなかったりするんです。

良い努力というのは、自分のステータスを分析して出来ることと出来ないことを見極めながらやることです。できることから努力することが大事なんです。RPGのゲームでも、レベル1で魔王は倒せません。一つ一つ段階を踏んで初めて、魔王を倒すことが出来るんです。そういった努力をすれば、楽しく充実感を持ちながら成長することが出来ます。そして、思ったよりも早く目標に到達できた、なんてこともあるかもしれませんよ。

最後まで読んでくれてありがとうございましたm(__)m