楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

真面目な人ほどキレやすい?

お久しぶりです。

しばらく開けてしまってすみませんでしたm(__)m 今日からまた書いていきます。

タイトルを見て不思議に感じる人がいると思います。なんで真面目な人がキレやすいのだろう?ということですね。それを今日は書いていきたいと思います。では、その前に比較として適当な人について見ていきましょう。

適当な人ってあまり頭で考えずに行動します。人と話す時でも言いたいことをズバズバ言います。だから、人と衝突することを気にしません。ただ、それが大事になることは少ないんです。なぜなら、感じたことをすぐ言葉にするので感情が溜まらずに少しの衝突で済むからです。多少の衝突ありきで人間関係を保っているんですね。

一方で真面目な人はというと、衝突を少しでも避けたいと思っているんです。そのために自分の意見を言うのを躊躇ってしまうんです。この人に嫌われたくない、こんな事言うと傷つけてしまう、喧嘩したくない……そういう気持ちで人と接しているんです。しかしそうやって自分を殺して、言いたいことを我慢するとどうなるでしょう?結果として、どこかのタイミングで爆発してしまうんです。そうなると、修復できないぐらいに人間関係が壊れてしまう恐れがあるんです。

少し話が変わりますが、犯罪を犯す人も真面目な人が多いと言います。よく「カッとなってやった」って言いますよね。あれが上で書いた感情の爆発なんです。さらに「あの優しい人が……」って近所の人が意外に思っているインタビューも聞いたことがあると思います。そうなんです。真面目な人が犯罪を犯すなんて思わないですよね。でも実際は逆なんです。

ここまで書いてきましたが、真面目な性格がダメ、という訳ではありません。ただ、真面目過ぎて人に気を遣ってしまうと、後々取り返しのつかないことに発展することがあるということです。だから、真面目な人はもっと自分の意見を言えばいいんです。ちょっとぐらいの喧嘩じゃ嫌われないですよ!

実は僕も真面目な性格なんです。ここまで言っといて、人の事あんまり言えないんです。ただ、だからこそ自分を出せるように頑張りたい!って気持ちがあるんです。真面目な性格をもっと上手くコントロールできるようにしたいですね……。