読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる

自己啓発や心理学についてつらつらと書いていきます

自分を特別だと思うな!

こんばんは。

もうすぐゴールデンウィークですね。僕は実家に帰るかどうかまだ検討中なんですが、この間四月始まったばかりだと思っていたので早いな~って感じます。

さて、今日は「特別」について書いていきます。

誰でも一回は、「自分は特別だ!」と思ったことがあると思います。確かに、自分が平々凡々な人だと思うのは嫌ですよね。

でもこの気持ちが強すぎると、生きるのが大変になります。

自分を特別だと思ってる人って、要するに自分を一般市民じゃなくて有名人だと思ってるんです。誰でも自分のことをすごいと思ってくれている、認めているくれている、と得意になっています。

ただ、それはあくまで現実ではなく理想なんです。現実は、自分は平凡だと思ってるんです。

でも、それを認めたくないんです。認めてしまうと、自分の価値が無くなってしまうと思っているからです。

だから、虚勢を張ってしまうんです。素直に自分を出せないんです。理想に逃げて、現実を見るのが怖くなっているんです。

また、こういう人は失敗するとひどく落ち込みます。自分の理想が崩れてしまい、現実を突きつけられるからです。

「自分はこんなものじゃないのに、なんで失敗しちゃったんだろう……」という思考になり、自分を責めたり、周りのせいにしたりします。

ここまで読めばわかると思いますが、自分を特別だと思っている人ってありのままの自分が嫌いなんです。そんな自分じゃダメだと思ってるんです。

これは色々な原因があるんですが、大まかな原因としては幼少期に認められずに育った経験があることです。

例えば、テストで百点を取らないと褒めてくれない親の元で育つと百点未満では認めることが出来なくなります。そしてそれが積み重なると、ありのままの自分を認められなくなってしまうんです。

だから、ありのままの自分を認めてあげることが大事なんです。自分の良い所も悪い所も認めてあげられることが本当の強さです。

案外そういう人の方が特別な人になったりするんですよね(笑)

そして自分を特別視するのを直す方法は、自分を好きになることです。

自分を嫌いになるって悲しいです。どんなことがあっても自分を守ってくれているのは自分なのに、その自分を嫌いになってしまったら居場所がなくなってしまいます。

自分を一番わかってくれるのは自分です。さっきも書いたように、まずは自分の悪い所を認めてあげてください。そうすると、今まで背負っていたものがなくなって心が軽くなりますよ。

実は今回は自戒の念をこめて書きました。本当に自分を特別だと思ってると大変ですね(笑)

では最後に言います。「自分を特別だと思うな!」

今回も読んでくれてありがとうございましたm(__)m