楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

将来への不安と過去への執着

「将来こうなったらどうしよう……」という不安。「あの頃に戻りたいなあ……」という執着。この二つの感情は誰でも持っているものです。僕の場合、過去への執着の方が強いですね。

今日は、これらの感情について説明していきます。

・将来への不安

将来への不安を感じる理由。それは「将来は誰にも分からない」からです。

普段通りに生活していても、明日大地震がくることもあります。ふと散歩をしていたら、突然交通事故に巻き込まれる可能性だってあります。

明日ですら、何が起こるかなんて誰にも分からないんです。人は分からないものには不安を感じるようにできていますから、不安はあって当たり前なんです。

・過去への執着

逆に、過去への執着はどうでしょう。過去は未来と違って、今までどんなことがあったか分かっています。

では、どういう仕組みで執着してしまうんでしょうか。

例えば今の生活に満足していなかったら、過去の楽しかった経験を思い出したくなるでしょう。そして、「あの頃は良かったなあ……」と懐かしがります。

これが懐かしがるで止まればいいんですが、気持ちが暴走してしまうと執着になってしまうんです。昔の事を思い出させる物をいつまでも捨てられなかったり、新しいことを始めようとしなくなってしまうんです。

・少しプラスに考えてみる

ここまで書くと、どちらの感情も悪者に見えるかもしれません。でも、ここでちょっと見方を変えてみましょう。

もし、将来起こることが全て分かっていたらどうでしょう。全て分かっているから、不安は感じません。でも、それってつまらなくないですか? 何が起こるか分からないからこそ、楽しみになることだってあるんです。スポーツも、どういう結果になるか分からないから応援したくなるんです。

そして、過去を懐かしむことは悪いことではありません。今は今、過去は過去と割り切れると、執着せずに大切な思い出として残すことができます。でも割り切るってなかなか難しくて、僕は苦手です(笑)。

・まとめ

今日は「将来への不安」と「過去への執着」について説明していきました。もう気づいた人もいると思いますが、この二つの感情は繋がっています。どうなるか分からない将来は不安だから、すでに経験していてある程度分かっている過去に執着する。こんな風にセットになっているんですね。僕も大学に入ったばかりはそうでした。初めて一人暮らしをしたので最初はホームシックになってましたね。

どんな感情も良い面と悪い面があります。上手に付き合っていきましょう。

ネットで悪口を言う人の心理

ネットは基本的に匿名で顔も見えません。だから、気軽に色んな人とコミュニケーションを取ることができます。僕も同じ趣味の人と交流している時は楽しいです。

しかし、ネットには悪口を言ったり人を見下すような態度を取っている人も多くいます。そういうのを見ると気分が悪くなるので、僕はあまり見ないようにしています。

では、そういう人たちはなぜそんな行動をとっているんでしょうか? 今日はそれについて、心理学風に説明していきます。

・自信がない

悪口を言う人は自信がありません。

もし自信があるなら、人の事を悪く言う必要はないです。しかし自信がない人は、悪口を言うことによって「自分はすごいんだぞ!」とアピールしたいんです。自分が自信がないことを認めてしまうと逃げ場がなくなってしまうので、相手を下げることによって優越感に浸りたいんですね。

・ストレスのはけ口にしている

有名人が不祥事を起こすと、ネットでは批判が次々と起こります。もちろん、建設的な批判もあるにはあるんですが、その多くは批判とは言い難い悪口や暴言です。

ここで僕はいつも考えていることがあります。それは、これらの悪口を言う人は、別に不祥事を起こした人自体はどうでもよく思っているんじゃないかと。

どういうことかと言うと、不祥事を起こした=悪いことをした人なら誰でも叩きたいんですね。さっきも書いたように、何か問題が起きると、ネットでは多くの人が批判を言います。だから、「皆が叩いてるから自分も叩こう!」と思い、自分のストレスのはけ口にしているんです。「赤信号、皆で渡れば怖くない」のように。

・注目してほしい

また、Twitterなどでは多くの人の目に止まってもらうためにわざと悪質なツイートをする人もいます。Twitterだと、言葉以外にも写真や動画をアップする場合もありますね。

こういう人たちは自分に注目してほしいんです。当たり障りのないツイートだと誰にも注目してもらえません。だから、悪質でも人の目に付きやすいようなツイートをするんです。小さい子供が親に叱られてもいいから注目してもらうために、わざとイタズラする心理と同じです。

・まとめ

今日は、ネットで悪口を言う人の心理について説明していきました。

最初に書いたように、ネットは多くの人と繋がることができます。現実とはまた違うコミュニケーションをとることができるので、やっぱり楽しいです。しかし、言葉だけでやり取りすることが多いネットでは言葉の使い方が重要になってきます。悪口ばかり言っていては印象も悪いです。

多くの人に見られているという自覚を持って、楽しくネットで発信していきましょう。

寝る前って不安になりますよね。「将来こうなったらどうしよう…」とか、夜は昼間よりもネガティブ思考になりがちです。不安が頭の中でぐるぐる回って、気づいたら何十分経ってた、みたいな……。

僕も悩みやすい性格なので、毎日ではないんですが寝る前はそれに拍車がかかって大変です(笑)。「大学卒業できるかな……」なんてよく思います。

今日は、そんな寝る前の不安について説明していきます。

・寝る前の不安は交感神経によるもの

人間は交感神経と副交感神経、二つの神経を持っています。この二つは、


交感神経…活動している時に働く

副交感神経…リラックスしている時に働く


という違いがあります。つまり、昼間は前者、夜は後者が働きます。この二つの神経があるおかげで、人間は健康的に生活することができるんです。

しかし、そのバランスが崩れて夜まで交感神経を働かせてしまうと、眠れなくなってしまうんです。脳が「まだ活動していたいんだな!」と思っている状態なので、寝ようとしても眠らせてくれないんですね。

緊張、不安、ストレス……これらを感じている時は交感神経が働いている時です。だから、快適な睡眠をするためには寝る前までに副交感神経に切り替える必要があるんです。

音楽を聞く、お風呂に入る、スマホやパソコンは見ない……こういうのが一般的な方法です。要するに、リラックスして寝床に入ろう、ということです。

・それでも眠れない時は……

ただ、それでも眠れない時ってあると思います。僕の姉は前に、月に一回は眠れない日がある、なんてことを言ってました。

そういう時に無理矢理寝ようとすると、かえって眠れません。なぜかというと、「寝なきゃ!」と思うことで緊張してしまい、交感神経が働いてしまうからです。

じゃあどうするか。そういう時は無理に寝なくていいです。

夜なのに寝なくていいの? と思う人もいるかもしれません。しかし、眠れないということは今は寝なくていいやと体が感じているということです。そんな状態で寝ようとしても、逆に苦しいだけです。

大丈夫です。本当に眠くなったら眠れますから。眠れない時は眠れないなりに過ごしましょう。

・まとめ

今日は寝る前の不安の仕組み、対処法について書いていきました。眠れないと焦りますし、次の日が早起きだったら尚更ですよね。僕も早起きする日の前の日はよく眠れなくなります。

でも、睡眠は体力を回復させる大切な時間です。今日書いたことを参考にして、上手く対処してみてください。

神経質な人の特徴


僕は神経質な性格なんですが、神経質な性格ってどういうイメージがありますか? おそらく、気難しい性格だったりめんどくさい性格っていうイメージがあると思います。

今日は、僕が思う神経質な人の特徴について説明していきたいと思います。

・小さいことが気になる

神経質な人の代表的な特徴ですね。僕もよくどうでもいいことを気にします。

僕は趣味で絵を描くんですが、線の曲がりぐあいや角度が少しでも気になると描き直してます。他の人からしたらどうでもいいことでも、自分が納得できないんです。

他の場合だと、部屋にある物がないとすぐ気づきますし、体の調子にも気づきやすいです。気にしないようにしたいんですが、なかなか難しいんですよね。

というように、神経質な人はちょっとした変化も気になってしまうんです。しかし、普通の人からするとどうでもいいことなので、「そんな事気にすんなよ!」と思われてしまうんです。

・細かい気遣いができる

でも、神経質な性格も悪いことばかりじゃありません。神経質な人は、人のちょっとした表情やしぐさから相手の気持ちを読み取ることができます。だから、気遣いができるんですね。

具合の悪そうな顔をしていれば体調を気遣ってくれます。荷物がたくさんあって大変だったら、持つのを手伝ってくれます。これらは一例ですが、つまりは神経質な人は気が利いているんです。鈍感な人だとなかなか気づかないことも、神経質な人なら気づくことができるんですね。でも、僕は気が利いてるって言われたことないなあ……(笑)。

・こだわりが強い

神経質な人は自分を持っているというか、こだわりが強いと僕は思います。こだわりがあるからこそ、そこから外れるとすごく気になってしまうんです。

こだわりが強いことは良い面も悪い面もあります。

良い面としては、自分の型にはまるとすごく力を発揮できます。環境や仕事など、自分のペースでできる状態なら常人よりも強いです。

悪い面は、融通が利かないので変化に対応ができない所です。特に複数の事を同時にこなすことは、神経質な人にとっては苦手なことなんです。

・まとめ

今日は神経質な人について書いていきました。最初に書いたように、世間では神経質な人ってあまり良いイメージがないです。僕も神経質な人間なので、もっと器用に行動したいなあって思うこともあります。

でも、短所と長所って同じなんです。要は見方の問題なんですね。だから、無理に直そうとしなくても大丈夫です。いつか、神経質で良かったと思える時が来ますように。

答えは自分の心の中にある

よく、子供の頃は食べられなかったけれど、大人になったらおいしく感じるようになったって事ありませんか? 僕は昔あんこが苦手でしたが、今はこしあんは食べられるようになりました(つぶあんはまだダメです……)。

では、これって食べ物の味が変わっているんでしょうか。いや、違いますよね。大人になって味覚が変わったから食べられるようになったんです。

今日はそんな感じのお話です。

・心は誰にも傷つけられない

悪口を言われると、大体の人が傷つくと思います。でも、それって悪口で傷ついているわけではないんです。

例えば、「お前はチビだ!」と言われたとします。ここで、自分の身長に特にこだわりがない人は別に傷つかないんです。

しかし、自分の身長の低さがコンプレックスに感じている人は傷ついてしまいます。どういうことかというと、この悪口に傷づいている人はすでに自分で自分を傷つけているんです。

「自分って身長低くてかっこ悪いな……」と心の中で思っていて、自分を否定してしまっているんですね。そこで他の人の悪口を聞いたらどうなるでしょう。自分と他人、両方に否定されているので味方がいなくなってしまうんです。結局、悪口に傷ついてしまう、というわけなんです。

だから、悪口を言われても平気なぐらい自分を肯定してあげればいいんですが、なかなか難しいですよね……。

ただ、僕はこういった悪口で傷つくシステムを知るだけでも変わってくると思います。そうすれば、「あ、今自己否定してるな!」って気づくことができますからね。だからまずは、心の中で何が起こっているかを知ることが大切なんです。

・物語は読むたびに面白さが変わる

僕は、前に大学の授業で聞いた教授の言葉が印象に残っています。

「小説は一度読んだだけでは面白さは分からない」

うろ覚えなんですがこんな感じの言葉でした。これはつまり、人の心によって小説から感じる物は変わってくるということです。

子供の時に読んだ小説が、大人になると違った面白さを感じるようになった、みたいな感じですね。

これは小説だけでなくて、物語がある物(漫画、アニメ、映画など)ならなんでも当てはまります。物語は、何かしらのメッセージを伴って書かれています。「この作品を通して、こういうことを伝えたいんだ!」という作者のメッセージです。しかも、これは一つではなくいくつもある場合が多いです。

そういったメッセージって、気づけるメッセージもあれば気づけないメッセージもあるんです。それは何に依存するかというと、さっき言った人の心なんです。

自分の心の状態によって面白さが変わる。そんな物語の創作物が僕は大好きです。

・まとめ

今日は二つの例を上げましたが、僕が言いたかったことは「自分の心次第で、周りは変る」ということです。

僕達はつい周りの環境のせいにしがちです。でも、そこで自分の心をもう一度見直してみると、世界がガラッと変わることもあるんです。

どんな事も、答えは一番近くにあるのかもしれませんね。

感情には良いも悪いもない

人は生きている限り、いろんな感情を感じます。一日に限定しても、朝は憂鬱だったけど夕方は楽しい気分になった、とかありますよね。

そんな風に感情を感じる時、人は感情を良い悪いで判別しがちです。例えば、

楽しい・面白い・嬉しい=良い

悲しい・不安・寂しい=悪い

といった感じですね。良い感情は感じたいけど、悪い感情は感じたくないって人が多いと思います。僕もそうです。

でも、本当は感情に良いも悪いもないんです。どんな感情にも役割があるから存在しているんです。

今日はそんな感情の役割についてのお話です。

・良い感情の役割

一般的に良いと言われている感情は、生活を豊かにするためにあります。これについては難しく考えなくても分かると思います。

上の例なら、ゲームをしている時は楽しいですし、漫画やアニメは面白いです。テストで良い点が取れたら嬉しいですよね。

生活に潤いを与えて、生きている充実感を味あわせるのが良い感情の役割です。

・悪い感情の役割

では、悪い感情の役割はなんでしょう。「気分が悪くなるだけだからいらない!」と思うかもしれません。でも、悪い感情にも大切な役割があるんです。

例えば、部活の大会で負けてしまったとしましょう。接戦で、もう少しで勝てたのに負けてしまったのですごく悔しいです。

では、ここで出てきた「悔しさ」の役割はなんでしょうか。そう、二度とこういう思いをしたくないと思わせるのが「悔しさ」の役割なんです。

もう少し詳しく説明します。

悔しさを感じることで辛くなります。だから、もうこんな辛い経験をしないようにもっと頑張るぞ!と前向きにさせるんです。

つまり、悔しさに限らず悪い感情の役割というのは人を成長させるためにあるんです。辛い、悔しい、悲しい……こういった経験を多くしている人ほど、それを糧にして人間的に成長しています。

「良薬は口に苦し」ということわざもあるように、楽しい経験よりも辛い経験の方が人は成長できるんですね。

・まとめ

今日は「感情に良い悪いはなくて、どんな感情にも役割がある」という話をしていきました。おさらいすると、

良い感情の役割:生活を豊かにする

悪い感情の役割:人を成長させる

でした。僕も前は「悪い感情はいらない!」って思ってました。でもこの事を知って、少しずつですが意識が変わってきました。今でも悪い感情は辛いですが、何とか頑張っていきたいと思います。感情の役割について、もう一度考えてみてください。

感情と音楽の関係

僕は音楽を聴くのが好きで、毎日何かしら音楽を聴いてます。特に好きな歌手、とかはいなくて、自分の気に入った曲はなんでも聴いてます。よく聴くのはゲームのBGMとかアニソンですね。

今日は、その音楽と感情を結びつけて書いていこうと思います。

1.気分に合わせて聴く

よく、「落ち込んでいる時はアップテンポな曲を聴く!」という人がいるんですが、僕は違います。

僕の場合は、自分のその時の感情に合う曲を聴いてます。だから、落ち込んでいる時は暗くて落ち着いた曲を聴きます。逆も然り、ですね。

なぜかというと、気分が落ち込んでいる時に明るい曲を聴いてもギャップがありすぎて温度差を感じてしまうからです。無理矢理励まされているみたいな(笑)。そうではなくて、下がっている気持ちをだんだん上げていきたいんですね。

気分に合わせた曲を聴くのが、僕には合ってるんです。

2.歌詞に共感する

僕は歌詞にも注意しながら曲を聴きます。自分と共感できる歌詞もありますし、言い回しが上手くて詩的な歌詞も聴いていて「良いな」って思います。

3.まとめ

僕にとって、音楽と感情はすごく強い関係があります。これからも色んな場面で、感情を揺さぶられるような音楽を聴きたいです。