読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる

自己啓発や心理学についてつらつらと書いていきます

サイクリングのすすめ


こんばんは。

昨日は雑になってしまってすみませんでしたm(__)m。今日からまた気合いを入れ直して書いていきたいと思います。

ところで皆さん、サイクリングってしますか?僕は結構好きです。散歩も好きなんですけど、ちょっと遠いところに行きたいってなると自転車の方がいいんですよね。

サイクリングの良い所って外の空気を味わうことができる所です。季節が変わると風景も変わりますし、寒いとか暑いとかも直に感じることができます。僕は昼間にサイクリングすることが多いんですが、いい天気の時に走るのって気持ちいいですよ。最近は暖かくなってきたので走りやすいです。

自転車って散歩よりも疲れにくいですし、それでも体は動かしているので運動にもなります。健康志向の人はよく自転車に乗ってますよね。それに、僕はやったことがないですがダイエットにもいいかもしれません。男性女性も関係ないですしね。

でも僕が感じるサイクリングのデメリットは環境に左右されやすい所です。雨や雪の日はもちろん乗れませんし、風が強い日も乗るのが大変です。天候に限らず、坂が急だと降りないといけません(僕の自転車はギア付いてないからそう感じるのかもしれませんが……)。

でも、それを差し引いてもサイクリングには魅力があります。自転車って何と言っても手軽なんですよね。小回りもきくし、免許がなくても乗れるし、どんな人も乗れます。

僕は考えるのが好きなので乗りながら考え事をしたりもします。乗ってるだけの単純作業なので頭が働きやすいですし、周りの色んな風景を見て刺激を感じるので面白いことが結構浮かびます。

最後に、自転車に乗る際に気を付けておくことを二つほど。

乗る前にタイヤの空気を確認してください。空気が入ってないまま乗るとタイヤが劣化してしまうので注意です!(僕は前それをやって買い替えるはめになりました……)

もう一つは、やはり自転車といっても車なので歩行者に気を付けて乗ってください。事故が起きて相手に怪我をさせてしまうと多額の賠償金がかかる恐れがあります。

自転車に乗ることは色んな利点があります。ちょっとでも乗るきっかけになったら嬉しいです。

ぜひ上記のことに気をつけながら、自転車に乗ってみてください。

それでは、読んでくれてありがとうございましたm(__)m

追記

二回に渡って自己啓発とは関係ない内容になってしまったので、明日からまたそれについて書いていきます。それでは!

雨の日の過ごし方

こんばんは。

今日は午後から雨でした。

雨って嫌ですよね。休みの日で出かける予定があったり、仕事や学校で嫌でも外に出ないといけなかったりすると尚更がっかりしますよね。

でも、雨でも快適に過ごす方法って結構あるんです。今回はそれをいくつか紹介していきます。

1.音楽を聴いたり、DVDを見る

インドアでは鉄板ですね。雨のおかげで気分も沈んでるので、アップテンポな曲だとテンションが上がっていいですよ。DVDも、せっかく外に出る時間がないので長い映画とかいいかもしれませんね。似たようなのでyoutubeもいいですね。

2.読書

小説でも漫画でも、自分の好きなものを読むといいです。雨音を聞きながら本を読むってなんかいい感じですよね?

3.ネットサーフィン

どうせ外に出れないなら、好きなだけネットサーフィンしましょう!せっかくなら雨について調べるのもおすすめです。

4.近くのコンビニやスーパーで買い物

近くにあるなら行ってみてもいいですね。雨の日に割引になるお店もあるので行ってみる価値はあります。


やっぱり、雨よりは晴れの方がいいですよね。でも、植物や作物にとっては恵みの雨になります。

雨に限らず、どんな天気でもうまく付き合えるようにしましょう!

読んでくれてありがとうございましたm(__)m

自分を特別だと思うな!

こんばんは。

もうすぐゴールデンウィークですね。僕は実家に帰るかどうかまだ検討中なんですが、この間四月始まったばかりだと思っていたので早いな~って感じます。

さて、今日は「特別」について書いていきます。

誰でも一回は、「自分は特別だ!」と思ったことがあると思います。確かに、自分が平々凡々な人だと思うのは嫌ですよね。

でもこの気持ちが強すぎると、生きるのが大変になります。

自分を特別だと思ってる人って、要するに自分を一般市民じゃなくて有名人だと思ってるんです。誰でも自分のことをすごいと思ってくれている、認めているくれている、と得意になっています。

ただ、それはあくまで現実ではなく理想なんです。現実は、自分は平凡だと思ってるんです。

でも、それを認めたくないんです。認めてしまうと、自分の価値が無くなってしまうと思っているからです。

だから、虚勢を張ってしまうんです。素直に自分を出せないんです。理想に逃げて、現実を見るのが怖くなっているんです。

また、こういう人は失敗するとひどく落ち込みます。自分の理想が崩れてしまい、現実を突きつけられるからです。

「自分はこんなものじゃないのに、なんで失敗しちゃったんだろう……」という思考になり、自分を責めたり、周りのせいにしたりします。

ここまで読めばわかると思いますが、自分を特別だと思っている人ってありのままの自分が嫌いなんです。そんな自分じゃダメだと思ってるんです。

これは色々な原因があるんですが、大まかな原因としては幼少期に認められずに育った経験があることです。

例えば、テストで百点を取らないと褒めてくれない親の元で育つと百点未満では認めることが出来なくなります。そしてそれが積み重なると、ありのままの自分を認められなくなってしまうんです。

だから、ありのままの自分を認めてあげることが大事なんです。自分の良い所も悪い所も認めてあげられることが本当の強さです。

案外そういう人の方が特別な人になったりするんですよね(笑)

そして自分を特別視するのを直す方法は、自分を好きになることです。

自分を嫌いになるって悲しいです。どんなことがあっても自分を守ってくれているのは自分なのに、その自分を嫌いになってしまったら居場所がなくなってしまいます。

自分を一番わかってくれるのは自分です。さっきも書いたように、まずは自分の悪い所を認めてあげてください。そうすると、今まで背負っていたものがなくなって心が軽くなりますよ。

実は今回は自戒の念をこめて書きました。本当に自分を特別だと思ってると大変ですね(笑)

では最後に言います。「自分を特別だと思うな!」

今回も読んでくれてありがとうございましたm(__)m

好きは最強のエネルギー

誰にでも好きなことってあります。

絵を描くのが好きな人、料理が好きな人、読書が好きな人……。好きなものは人の数だけあると言ってもいいです。

「好き」っていう感情はものすごいパワーを与えてくれます。どんなことがあってもそれさえやっていれば楽しいのですから、好きなものはどんどん挑戦できるんです。

絵を描くのが好きなら、それこそ三度の飯よりも絵を描いていたいんです。「好き」が最強のエネルギーというのはそういう意味です。

この「好き」という感情は大事にしないといけないんです。加えて、自分が何をやっていると「楽しい」と思えるのかを探すのが、生きていくうえでは大事になります。

大学で言っているように、自分に合う仕事を見つけるために言っている訳ではないです。仕事になると、また話が変わってきますからね。

……いや、違いますね。仕事でも趣味でもいいです。自分の好きなことがある、というのは大きなアドバンテージになります。

どんなことでもいいです。これをやっていると時間を忘れてしまうようなものを見つけてください。これがあるなしでは生活の充実度が変わってきます。

そしてそれをずっとやり続けていると、同じ仲間が集まってきます。今の時代はSNSがありますから集まりやすいです。そうするとさらに充実します。

また、その道を極めれば仕事にできるかもしれません。簡単なことではないですが、やってみる価値はあります。

好きなことは、道しるべにもなります。何かに悩んでいる時も、自分が何をしたいのか教えてくれるからです。

好きなことが無いという人は、ぜひ色んなことにチャレンジして、自分の好きなことを見つけてみてください。

今日はなんか上手く書けなかったですね……。でも書きたかったので書きました。

読んでくれてありがとうございましたm(__)m

感情は感じ切る

感情は自然に湧いてくるものです。この世には自分でコントロールできるものとできないものがありますが、感情は後者になります。だから、それを対処するのって苦労するんですよね。

ポジティブな感情の時はそのまま感じることができるんですが、ネガティブな感情だと苦労します。なぜなら、多くの人はネガティブな感情を感じたくないからです。

でも本当は、感情にポジティブもネガティブも無いんです。人間が勝手に決めてるだけなんですよね。

だから、どんな感情も「感じたくない!」って思わないでください。自分の中から生まれたものに、意味のないものは無いんです。どんな感情も、必ず意味があるから湧いてくるんです。

そのために大事なのは、感情を感じ切ることです。感情というのは感じないと消えてくれません。感じないようにしても後で必ず顔を出してきます。

例えば、怒りたいのに喧嘩をしたくないからと怒らないでいると負の感情が心に溜まります。そしてそれがどんどん溜まると、どこかのタイミングで爆発してしまいます。そうなると、取り返しのつかないことに発展してしまう恐れがあります。

他にも、悲しみ、妬み、落ち込み、悔しさ……。どれも感じないと心に溜まってしまいます。

人に気を遣ってしまって怒れなかったり、嫉妬してしまうような自分はダメだと思ったりしている人は多いと思います。

それでも、自分のためにもネガティブな感情も感じてあげてください。外に出してあげてください。

本人に言えないなら、部屋に籠って汚い言葉や悪口を言ってください。

そうやって感情を感じたり言葉にしたりすると、だんだんと無くなっていくのが分かります。そこまでくれば大丈夫です。

感情を心に溜めてしまう人って自分に厳しい人なんです。こんなこと言っちゃいけない、感じちゃいけないって我慢してしまうんです。

でも、我慢しないでください。感情を表に出してあげてください。どんな感情も、自分の一部として受け入れてあげてください。

僕もよくネガティブな感情を感じます。我慢してしまう時もあります。だから、そういう人の気持ちがよく分かります。

最初に言ったように、感情をコントロールすることはできません。そして、唯一の対処法は感じることです。ただ感じるだけです。

簡単なようで多くの人が忘れています。もう一度言います。どんな感情も感じてあげてください。

そうすれば人生はもっと充実したものになります。そのためにも、一緒に頑張りましょう。

落ち込んだ時の僕の対処法

落ち込んだ時の対処法って本にしろネットにしろいろいろありますけど、今日は僕なりの対処法を書いていきたいと思います。

実は僕、すごい落ち込みやすい性格なんです。ちょっと人に言われただけでしゅんとしてしまうような豆腐メンタルなんですよね(笑)だから、そういう時にどうすれば立ち直れるかと自分で実践してきたんです。というわけで、これから説明していきます。

(1)音楽を聴く

定番はこれですね。よく落ち込んでる時は明るい曲を聴いた方がいいって言う人もいますが、僕の場合は逆効果でした(笑)なんていうか、すごく温度差を感じてしまうんですよね……。だから、僕は自分の気持ちに近い曲を聴きます。気持ちを代弁してくれる感じがするんです。それで何曲か聴いてると、大体復活します。元々音楽が好きっていうのもありますね。

(2)ネットで調べる

まさしく、「落ち込んだ時の対処法」とかで調べてます。でもこれはその対処法をやってみるんじゃなくて、気持ちを落ち着かせてるために調べてます。頭を冷やしてるんですね。たまーに、「この対処法いいな!」っていうのもあります。

(3)松岡修造さんに励ましてもらう

はい、どういう事かというとですね……YouTubeです。YouTubeで調べると、修造さんのメッセージ動画が出てくるのでそれを見ます。めちゃくちゃ落ち込んでる時に見ると涙が出る時もあるぐらい、本当に良いことを修造さんは言ってくれます。あの人の言葉って、すごく真っ直ぐに聞こえるんです。だからたくさんの有名人のなかでも修造さんの言葉が好きなんです。

(4)家族に電話する

やっぱり、何かあった時って家族は味方になってくれます。僕はよく母に電話しますね。家族の中で一番波長が合うというか、性格が似てるので共感してくれることも多いからです。あとは落ち込むまではいかないにしても、ちょっと困った時にも電話しますね。逆に父とはあまり性格が合わないのでほとんど電話しないですね……(ごめんよ)

ざっとこんな感じですね。うーん、割りと普通ですかね(笑)

四つ書きましたけど、だいたい(1)と(2)が多いですねー。落ち込むと反射的にやってる気がします。(3)は結構落ち込んだ時ですね。あれ、そう考えると(4)って最近してないかも……。前は電話してたんですけどね(笑)

落ち込んでる時ってしんどいです。やっぱりすぐに調子を取り戻したいですよね。今日は僕自身の対処法を書いていきましたが、この中で気になったものがあったら参考にしてみてください。修造さんのメッセージは落ち込んでなくても心に響くものがあるので、ぜひ聞いてみてください。

それでは、読んでくれてありがとうございましたm(__)m

常識を鵜呑みにしない

「人に迷惑はかけない」「皆と仲良くする」「悪口を言わない」

子供の頃、学校の先生や親にこんなことを言われましたよね。誰でも一回は言われたことがあると思います。素直に聞いてましたか?それともうるせえなって思ってましたか?僕は割と素直に聞いてました(笑)

なぜ学校や親はこういう事を教えるんでしょうか。理由は、それを守らないと社会ではやっていけないと考えているからです。そしてそれを常識と呼びます。

でも、常識って絶対正しいんでしょうか?

例えば上に書いた、「人に迷惑をかけない」。

これを何の疑いもなく受け取ってしまうと、自分の行動を制限してしまうようになってしまうんです。言いたいことを相手の顔色を伺って言わなかったり、やりたいことをやろうとする時に「これは迷惑なんじゃないか?」と思ったりしてしまいます。

でもそんな事はなくて、むしろ人は迷惑をかけないと生きていけません。生きてる時点で、人に迷惑をかけてるんです。もちろんわざと迷惑になることをするのはダメですが、自分のやりたいことをやってるだけなら全然許容範囲です。

だから、絶対に正しい常識なんてこの世には存在しないんです。常識は自然の法則で決まっているのではなく、人が作ったものだからです。

常識を疑って、もう一度自分で本当に正しいか分析してみる。そのステップを踏むことが大切なんです。やってみると、常識って案外間違ってたりしますよ(笑)

そう考えると、反抗期って大事なんです。本当に大人が言ってることは正しいんだろうか?もしかしたら間違ってるんじゃないか?と思い始めるのが反抗期です。

反抗期に苦労してる親御さん達はたくさんいると思いますが、個人的には反抗期がない子供の方が不安になります。

大人の意見に迎合するのではなく、自分が何をしたいかを考える。それは生きていくうえで欠かせないステップです。まあ、感情的になってしまうのは、まだ感情をコントロールすることができないからですけどね……(笑)

さて、ここまで読んで分かると思いますが、僕は常識って言葉が嫌いです。似たような意味の普通とか当たり前も嫌いです。

そして、それを人に押し付ける人はもっと嫌いです。自分の価値観を押し付けんじゃねえよ!って思います(笑)

常識は固定されているものではなく、変化するものです。時代や人、国によって常識は変わります。

人の常識を鵜呑みにするのではなく、自分で物事を考える力は生きていくうえで大切なものです。だから、もっともっと常識を疑ってみてください。そうすれば、自分の世界がもっともっと広がりますよ(・ω・)ノ