楽しく生きる

感情や心のことについて、つらつらと書いていきます

いつまでも悩んでいる事の弊害

僕は悩みやすい性格で、ちょっとしたことですぐ悩んでしまいます。そういう人って結構いると思うんですが、どれくらいの時間悩んでいますか?

少しならいいんですが、実はいつまでも長い時間悩むことは悩みたくて悩んでいる場合が多いんです。


・行動しないために悩む

それを聞いて、「悩みたくて悩んでいるんじゃない!」と言う人が多いと思います。僕も初めてそれを聞いた時そう思いましたし、同時に「どういう事なんだろう?」と疑問を感じました。

結論から言うと、「悩んでいると行動しなくて済む」からです。

例えば、ブログで書くことがないと悩んでいるとしましょう。断片的な言葉は浮かんでくるんですが、中々話としてまとまりません。そしてそのせいで、未だに一文字も書けていませんでした。

では、この人は本当に書けないから悩んでいるんでしょうか。

断片的でも、とりあえず文字に起こしてみればいいんです。そうすれば話が浮かんでくることもあります。でも、その人はそれをしていません。

どういう事かというと、この人は「書いてみてつまらなかったらどうしよう……」という不安を持っているんです。だから、その不安が的中するのを防ぐために悩んでいるんです。悩んでいる間は行動しなくて済みますからね。

このように長い時間悩んでいる人というのは、行動した時に生じる可能性がある失敗によって自分の自信がなくなるのを防ぐために、行動せずに悩んでいるんです。


・正しい悩み方

もちろん悩むこと自体は悪いことではありません。行動したくないからずっと悩むことが良くないんです。

大事なのは、行動につなげるために悩むことなんです。

例えば何かに挑戦して失敗した場合、落ち込んで悩んでしまうでしょう。でも、そこで何が悪かったのかを振り返って次に活かすことができれば、悩むことも無駄にはなりません。「悩む」ではなく「分析する」と言った方が分かりやすいかもしれませんね。

行動しないために悩むのではなく、行動につなげるために悩むといいですよ。

・最後に

行動しないために悩んでる時って、少しきつい言い方をすると「逃げ」の状態なんですよね。行動すると失敗して傷ついてしまうから代わりに悩んでるんです。

でも、失敗を恐れて行動しないよりも、失敗してもいいから行動することの方が得られるものは大きいです。

悩む時は悩んで、一区切りついたら行動に移す。そうやってメリハリがつくと、人間的に成長できるんじゃないかと僕は思います。

どんなアドバイスも参考程度に聞く

僕は人からのアドバイスは鵜呑みにしてはいけないと思っています。もちろん、アドバイスを聞くことで解決策が生まれる時もありますし、客観的な視点で物を言ってくれるのは貴重です。

しかし、だからといって何でもかんでも人の言うことを聞く必要はないです。それは家族でも友達でも、どんな親しい人に対してもそうだと言えます。

じゃあ、なぜ僕がそう思うのかをこれから説明していきます。

・どんなに親しくても他人

親や兄弟や友達って、身近な存在だから何でも言うことを聞いてしまいがちです。でも、親しくても親しくなくても、結局自分以外の人間って他人なんですよね。

だから、どんなに色んなアドバイスを受けても他人なわけですから、本当に自分に合うアドバイスとは限らないんです。

また、時々「お前のために言ってるんだぞ!」とアドバンスしてくる人がいます。でも、それって本当に「お前のために言ってる」んでしょうか? 逆に、なんで他人なのにその人のためだと言えるんでしょう?

……すいません、愚痴っぽくなってしまいました(笑)。

まあ、つまりは親しいからといってアドバイスを鵜呑みにするのは良くない、ということです。

・最終的に決めるのは自分

アドバンスとは、人が自分に対して助言をしてくれることです。最初に書いたように、時には役立つこともあります。でも、最終的に決めるのは自分なんです。

例えば、「500円あるんだけど何買えばいい?」と友達に聞いたとします。友達は、「コンビニでパンとおにぎりと飲み物買ったらいいんじゃない?」と言いました。

ここでその人が友達の言った通りにパンとおにぎりと飲み物を買っても、納得できなかったから違う物を買っても、結局は自分の行動になります。

だから、もしパンとおにぎりが美味しくなかったとしても、友達に対して「お前がああ言ったせいだ!」とは言っていけないんです。

・二つのことを踏まえて

これらの事を踏まえて僕が言いたかったのは、アドバイスを鵜吞みにしてしまうと人のせいにする恐れがある、ということです。「あの人がああ言ったせいでこうなった!」とか、「言った通りにやったのにダメだった!」とか……。

でも、さっきも書いたように最終的に決めて行動するのは自分です。人が何を言ったとしても、です。

だから、どんなアドバイスも鵜吞みせずに、あくまで参考としてください。「こういう意見もあるんだな……」ぐらいに。

・最後に

アドバイスにも聞き方があります。聞きすぎないのも問題ですが、聞きすぎるのも問題なんです。

書いていて気づいたんですが、今日説明したことってアドラー心理学の「課題の分離」に似てるなーって思いました。気になった人は、それについて書いた記事があるので見てみてください。ネットで調べてもいいですよ(笑)。

アドバイスは参考にして、最終的に自分が決めたことに責任を持つ。これが大切なんだと僕は思います。

自分の好きなことに時間を使う

僕たちは嫌いなものや嫌いな人に対して悪口や愚痴を言いがちです。「~のああいう所が嫌い!」とか、「あんな風に言うことないじゃん!」とか、つい言いたくなりますよね。もちろん、ネガティブな感情を溜めたままにするのは良くないですから、外に吐き出すというのは大事です。

でも、それをいつまでも言っているって少しもったいないなあ、と僕は時々思います。今日は、もう少し好きなことに時間を使おう、という僕なりの意見を説明していきます。

・時間が経つのは早い

僕も二十歳を過ぎて、昔よりも時間の流れが速くなった実感があります。一か月ですらあっという間に過ぎてしまいますし、昔みたいに遅くならないかな、なんて思います。

時間は意外と速く過ぎていきます。何気なく生活していると、時間が無限にあるように錯覚してしまいますが、時間も無限にはありません。

だからこそ、自分の嫌いなものに対して時間を使ってしまうのはもったいない、という意見が僕にはあるんです。まあ僕も、あんまり人の事は言えないんですけどね……(笑)。

・一時的な嫌いな感情は良いけれど

前に僕は、「嫌いという感情は悪くない」という記事を書きました。だから、その感情そのものを否定はしません。

ただ、いつまでも嫌いな感情を背負ってるのって疲れると思うんですよね。僕も経験がありますが、何かを嫌っている時って少なくともいい気持ちはしません。また、どこかで聞いた話なんですが、好きよりも嫌いの方が強いエネルギーを持っているらしいです。

それなら、嫌いはほどほどにして自分の「好き」を大事にした方がいいですよね。

・好きを大事にする

「好き」は、人に多くのことをさせてくれます。やる気を出させてくれたり、何かに挑戦させてくれたり、夢中にさせてくれたり……。人をポジティブな方向に持っていってくれるのが、「好き」という感情なんです。

だから、その「好き」を大事にしてばしているほど、充実した生活を送れるんじゃないかなと僕は思います。現に、何かで成功している人って自分の「好き」を大事にしてきた人が多いです。どんなことでも「これが好き!」っていうものがあれば、その時点でアドバンテージなんですね。

・まとめ

時間は限られています。「時間があるから大丈夫!」と思っていると、時間というのはあっという間に過ぎてしまいます。それに加えて、何かを嫌うのに時間を使ってしまったら尚更もったいないです。

限られた時間を自分の「好き」のために使う。そうすれば、自然と充実した生活を送ることができる。これが僕が今日言いたかったことです。

将来への不安と過去への執着

「将来こうなったらどうしよう……」という不安。「あの頃に戻りたいなあ……」という執着。この二つの感情は誰でも持っているものです。僕の場合、過去への執着の方が強いですね。

今日は、これらの感情について説明していきます。

・将来への不安

将来への不安を感じる理由。それは「将来は誰にも分からない」からです。

普段通りに生活していても、明日大地震がくることもあります。ふと散歩をしていたら、突然交通事故に巻き込まれる可能性だってあります。

明日ですら、何が起こるかなんて誰にも分からないんです。人は分からないものには不安を感じるようにできていますから、不安はあって当たり前なんです。

・過去への執着

逆に、過去への執着はどうでしょう。過去は未来と違って、今までどんなことがあったか分かっています。

では、どういう仕組みで執着してしまうんでしょうか。

例えば今の生活に満足していなかったら、過去の楽しかった経験を思い出したくなるでしょう。そして、「あの頃は良かったなあ……」と懐かしがります。

これが懐かしがるで止まればいいんですが、気持ちが暴走してしまうと執着になってしまうんです。昔の事を思い出させる物をいつまでも捨てられなかったり、新しいことを始めようとしなくなってしまうんです。

・少しプラスに考えてみる

ここまで書くと、どちらの感情も悪者に見えるかもしれません。でも、ここでちょっと見方を変えてみましょう。

もし、将来起こることが全て分かっていたらどうでしょう。全て分かっているから、不安は感じません。でも、それってつまらなくないですか? 何が起こるか分からないからこそ、楽しみになることだってあるんです。スポーツも、どういう結果になるか分からないから応援したくなるんです。

そして、過去を懐かしむことは悪いことではありません。今は今、過去は過去と割り切れると、執着せずに大切な思い出として残すことができます。でも割り切るってなかなか難しくて、僕は苦手です(笑)。

・まとめ

今日は「将来への不安」と「過去への執着」について説明していきました。もう気づいた人もいると思いますが、この二つの感情は繋がっています。どうなるか分からない将来は不安だから、すでに経験していてある程度分かっている過去に執着する。こんな風にセットになっているんですね。僕も大学に入ったばかりはそうでした。初めて一人暮らしをしたので最初はホームシックになってましたね。

どんな感情も良い面と悪い面があります。上手に付き合っていきましょう。

ネットで悪口を言う人の心理

ネットは基本的に匿名で顔も見えません。だから、気軽に色んな人とコミュニケーションを取ることができます。僕も同じ趣味の人と交流している時は楽しいです。

しかし、ネットには悪口を言ったり人を見下すような態度を取っている人も多くいます。そういうのを見ると気分が悪くなるので、僕はあまり見ないようにしています。

では、そういう人たちはなぜそんな行動をとっているんでしょうか? 今日はそれについて、心理学風に説明していきます。

・自信がない

悪口を言う人は自信がありません。

もし自信があるなら、人の事を悪く言う必要はないです。しかし自信がない人は、悪口を言うことによって「自分はすごいんだぞ!」とアピールしたいんです。自分が自信がないことを認めてしまうと逃げ場がなくなってしまうので、相手を下げることによって優越感に浸りたいんですね。

・ストレスのはけ口にしている

有名人が不祥事を起こすと、ネットでは批判が次々と起こります。もちろん、建設的な批判もあるにはあるんですが、その多くは批判とは言い難い悪口や暴言です。

ここで僕はいつも考えていることがあります。それは、これらの悪口を言う人は、別に不祥事を起こした人自体はどうでもよく思っているんじゃないかと。

どういうことかと言うと、不祥事を起こした=悪いことをした人なら誰でも叩きたいんですね。さっきも書いたように、何か問題が起きると、ネットでは多くの人が批判を言います。だから、「皆が叩いてるから自分も叩こう!」と思い、自分のストレスのはけ口にしているんです。「赤信号、皆で渡れば怖くない」のように。

・注目してほしい

また、Twitterなどでは多くの人の目に止まってもらうためにわざと悪質なツイートをする人もいます。Twitterだと、言葉以外にも写真や動画をアップする場合もありますね。

こういう人たちは自分に注目してほしいんです。当たり障りのないツイートだと誰にも注目してもらえません。だから、悪質でも人の目に付きやすいようなツイートをするんです。小さい子供が親に叱られてもいいから注目してもらうために、わざとイタズラする心理と同じです。

・まとめ

今日は、ネットで悪口を言う人の心理について説明していきました。

最初に書いたように、ネットは多くの人と繋がることができます。現実とはまた違うコミュニケーションをとることができるので、やっぱり楽しいです。しかし、言葉だけでやり取りすることが多いネットでは言葉の使い方が重要になってきます。悪口ばかり言っていては印象も悪いです。

多くの人に見られているという自覚を持って、楽しくネットで発信していきましょう。

寝る前って不安になりますよね。「将来こうなったらどうしよう…」とか、夜は昼間よりもネガティブ思考になりがちです。不安が頭の中でぐるぐる回って、気づいたら何十分経ってた、みたいな……。

僕も悩みやすい性格なので、毎日ではないんですが寝る前はそれに拍車がかかって大変です(笑)。「大学卒業できるかな……」なんてよく思います。

今日は、そんな寝る前の不安について説明していきます。

・寝る前の不安は交感神経によるもの

人間は交感神経と副交感神経、二つの神経を持っています。この二つは、


交感神経…活動している時に働く

副交感神経…リラックスしている時に働く


という違いがあります。つまり、昼間は前者、夜は後者が働きます。この二つの神経があるおかげで、人間は健康的に生活することができるんです。

しかし、そのバランスが崩れて夜まで交感神経を働かせてしまうと、眠れなくなってしまうんです。脳が「まだ活動していたいんだな!」と思っている状態なので、寝ようとしても眠らせてくれないんですね。

緊張、不安、ストレス……これらを感じている時は交感神経が働いている時です。だから、快適な睡眠をするためには寝る前までに副交感神経に切り替える必要があるんです。

音楽を聞く、お風呂に入る、スマホやパソコンは見ない……こういうのが一般的な方法です。要するに、リラックスして寝床に入ろう、ということです。

・それでも眠れない時は……

ただ、それでも眠れない時ってあると思います。僕の姉は前に、月に一回は眠れない日がある、なんてことを言ってました。

そういう時に無理矢理寝ようとすると、かえって眠れません。なぜかというと、「寝なきゃ!」と思うことで緊張してしまい、交感神経が働いてしまうからです。

じゃあどうするか。そういう時は無理に寝なくていいです。

夜なのに寝なくていいの? と思う人もいるかもしれません。しかし、眠れないということは今は寝なくていいやと体が感じているということです。そんな状態で寝ようとしても、逆に苦しいだけです。

大丈夫です。本当に眠くなったら眠れますから。眠れない時は眠れないなりに過ごしましょう。

・まとめ

今日は寝る前の不安の仕組み、対処法について書いていきました。眠れないと焦りますし、次の日が早起きだったら尚更ですよね。僕も早起きする日の前の日はよく眠れなくなります。

でも、睡眠は体力を回復させる大切な時間です。今日書いたことを参考にして、上手く対処してみてください。

神経質な人の特徴


僕は神経質な性格なんですが、神経質な性格ってどういうイメージがありますか? おそらく、気難しい性格だったりめんどくさい性格っていうイメージがあると思います。

今日は、僕が思う神経質な人の特徴について説明していきたいと思います。

・小さいことが気になる

神経質な人の代表的な特徴ですね。僕もよくどうでもいいことを気にします。

僕は趣味で絵を描くんですが、線の曲がりぐあいや角度が少しでも気になると描き直してます。他の人からしたらどうでもいいことでも、自分が納得できないんです。

他の場合だと、部屋にある物がないとすぐ気づきますし、体の調子にも気づきやすいです。気にしないようにしたいんですが、なかなか難しいんですよね。

というように、神経質な人はちょっとした変化も気になってしまうんです。しかし、普通の人からするとどうでもいいことなので、「そんな事気にすんなよ!」と思われてしまうんです。

・細かい気遣いができる

でも、神経質な性格も悪いことばかりじゃありません。神経質な人は、人のちょっとした表情やしぐさから相手の気持ちを読み取ることができます。だから、気遣いができるんですね。

具合の悪そうな顔をしていれば体調を気遣ってくれます。荷物がたくさんあって大変だったら、持つのを手伝ってくれます。これらは一例ですが、つまりは神経質な人は気が利いているんです。鈍感な人だとなかなか気づかないことも、神経質な人なら気づくことができるんですね。でも、僕は気が利いてるって言われたことないなあ……(笑)。

・こだわりが強い

神経質な人は自分を持っているというか、こだわりが強いと僕は思います。こだわりがあるからこそ、そこから外れるとすごく気になってしまうんです。

こだわりが強いことは良い面も悪い面もあります。

良い面としては、自分の型にはまるとすごく力を発揮できます。環境や仕事など、自分のペースでできる状態なら常人よりも強いです。

悪い面は、融通が利かないので変化に対応ができない所です。特に複数の事を同時にこなすことは、神経質な人にとっては苦手なことなんです。

・まとめ

今日は神経質な人について書いていきました。最初に書いたように、世間では神経質な人ってあまり良いイメージがないです。僕も神経質な人間なので、もっと器用に行動したいなあって思うこともあります。

でも、短所と長所って同じなんです。要は見方の問題なんですね。だから、無理に直そうとしなくても大丈夫です。いつか、神経質で良かったと思える時が来ますように。